会社沿革

昭和58年 有限会社寿食品工業を設立
特殊こんにゃくの製造及び機械の製作を開始
昭和62年 中広工場増設・生産量約3倍
昭和63年 1月:全国で初めて糸こんにゃく自動結束機を自社開発・10機導入
4月:第2工場増設・自動結束機20機増設
5月:こんにゃく版カニスティック状の「つなこん」開発・特許申請
8月:「つなこん」製造プラントを自社開発・2機導入
10月:株式会社寿食品工業に改組・資本金1000万円
平成元年 3月:第3工場新設
8月:「つなこん」製造プラント2機増設
平成2年 5月:おでん用結び白滝開発・4機導入
平成3年 6月:広島県佐伯郡湯来町(現本社)工場用地取得
平成5年 4月:新工場竣工
5月:CI導入・東京営業所開設
平成6年 4月:新工場完成
5月:新工場操業・CIにより社名を「寿マナック株式会社」とし、新会社として設立
   (株式会社寿食品工業の全業務を引き継ぐ)
9月:レトルトライン導入
   惣菜の製造許可を得て、調理食品の製造を開始
10月:新商品にてテレビコマーシャル開始
   「元気くらぶ」ブランド展開開始
平成8年 2月:「塊状糸こんにゃく」の特許取得
平成9年 2月:「つなこん」の特許取得
平成10年 3月:株式会社「元気くらぶ」を合併し、資本金2000万円に増資
10月:自動角こん製造機の設置
平成12年 10月:名古屋営業所開設
平成13年 2月:有機JAS認定を取得
7月:全自動くずきり、はるさめ、製造ライン設置
平成14年 2月:東京営業所移転
4月:デザート製造設備設置
6月:冷蔵庫の増設
10月糸こんにゃく製造プラント、自動包装ライン設置
平成15年 4月:名古屋営業所移転
平成17年 6月:板こんにゃく製造プラント、自動包装ライン設置
9月:大阪営業所開設
平成19年 11月:九州出張所開設
平成21年 5月:鳥取県大山でこんにゃく芋製造開始
11月:大山こんにゃく芋製造ライン新設
12月:大山こんにゃく芋冷凍庫新設
平成23年 11月:「味が巻きつくこんにゃく」意匠登録取得
平成24年 1月:通信販売開始
平成28年 1月:X線異物検出機 新規導入
3月:全自動小巻包装機 刷新
9月:スチーム殺菌搬送機 新規導入